訪問(リハビリ)マッサージ

通院が困難でご自宅での療養が必要な方に対して、ご自宅にお伺いをし、マッサージ(リハビリ)をします。『寝たきりにしない』『させない』『つくらない』を目的に、日常生活動作(ADL)を拡大し、自立的な動作が出来るよう支援し、また、寝たきりの方には褥瘡や廃用性症候群の予防・改善を目的に、少しでも快適な生活(QOL)を送られるよう支援すること。また、介護者の負担の軽減を手助けすることを目的とした、医療マッサージです。

施術目的

筋肉の緊張の緩和、筋力の増強、症状の改善、血流などの循環改善(浮腫や褥瘡の改善・予防)、関節可動域の拡大・維持、残存機能の維持 など

健康保険の適用

訪問マッサージは健康保険が使用できます。
ただし、医師の同意書が必要になります。
(同意書の用紙は当院にございます。)
※訪問マッサージは医療保険で行いますので、介護保険との併用が可能で、介護サービスと同時に受けられます。また、同じ傷病名で病院での治療を受けることが出来ます。

【対象者】
寝たきりの方や歩行が困難な方で、『一律に診断名によることなく筋麻痺・関節拘縮等があって、医療上マッサージを必要とする症例について』支給対象とされています。
例えば・・・

  • 脳血管障害(脳梗塞・脳内出血など)の後遺症
  • 骨折手術後の後遺症(大腿骨頚部骨折など)
  • パーキンソン病
  • 変形性関節症

 など

※疲労回復や慰安目的は対象外になります。